かじ皮フ科クリニック院長ブログ

kajihifuka.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 18日

オテズラ錠

 段々と暖かくなってきましたね。花粉症の方も増えたのか花粉皮膚炎の方も増えてきました。

 さて話は変わりますが、尋常性乾癬、関節症性乾癬に対して25年ぶりの新しい内服治療薬が発売されました。
オテズラ錠
a0335091_07300101.png



PDE4阻害剤です。PDE(ホストジエステラーゼ)は11種類のサブファミリー(PDE1〜PDE11)があります。作用の点は難しいので割愛しますが(図)
a0335091_08302954.png
実はそれぞれの阻害剤は薬として発売されております。

PDE3阻害剤:ミルリーラ(心筋保護薬)、プレタール(抗血小板剤)
PDE5阻害剤:バイアグラ(ED治療薬)、レビトラ(肺高血圧薬)

などが有名です。それ以外にも現在、PDE阻害剤は認知症や統合失調症などに効くにでは?ということで研究されております。

 最大の特徴は生物学的製剤で出てくるような感染症などの副作用がなく、採血検査もいらないというのが特徴で、クリニックでも処方出来ます。副作用がないやけではなく、胃腸障害が見られるため、投与初期は少量からスタートします。

 さて効果のほどですが、PASI75(75%皮疹改善率)が33%とまあまあです。
a0335091_08305090.png

 さて欠点のお話です。副作用もなく、そこそこ皮疹が良くなり、相互作用もない薬です。ただし高いです。1日2000円の薬です。簡単に1ヶ月6万円。3割負担だと1万8千円になります。高いですね〜。半額だと結構売れると思いますが。

しかしこの薬は先日、John Koo教授とお話する機会があり、お聞きしてみましたところ欧米ではかなり売れているようです。色々な複雑な事情もあるようですが、安全性がポイントのようですね。

さて先日の学会でどうしてもお肉が食べたくなり、いきなりステーキを食べました。ヒレ肉は美味しかったですね。
a0335091_08310393.jpg


[PR]

by kajihifuka | 2017-03-18 08:38 | アレルギー関連 | Comments(0)