かじ皮フ科クリニック院長ブログ

kajihifuka.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 29日

花粉関連食物アレルギー症候群(PFS症候群)について

 この時期は涼しくなったり暑くなったりややこしい時期ですね。実は最近、重い腰を上げてJAADのニキビに関するガイドライン2016を読み始めました。ただし膨大な量なので、早くも5ページ目ぐらいからは表や図のみ見て読んだ気になっている院長です。すみません、へタレなので。

 さて題名にもあるように、ここ20年ぐらいでしょうか?花粉と食物アレルギーとの関連が取り出さされております。私が初めて知ったのは確か東京で勤務していた12年ぐらい前です。白樺の花粉(シラカンバ)のアレルギーの方で、リンゴやモモなどを食べると口の周りや口腔内がかゆくなるという変わった症状があり,調べたのが経緯です。

口腔アレルギー症候群(OAS: oral allergy syndrome)とも呼ばれておりますが、食物の種類によっては口の周りだけではなく全身症状を伴う場合もまれにあり、PFS症候群(pollen-associated food allergy syndrome:花粉関連食物アレルギー症候群)と呼ばれることが多くなってきているようです。

症状としては食物を食べた後、口腔内や喉の痒みやイガイガ感があり、口唇部が腫脹するとき(写真)もあります。ひどい場合は喘息様症状など全身症状も伴います。
a0335091_12400447.jpg

原因は花粉の抗原と食物の抗原が似ているから起きているようです。
花粉ごとに関連する食物に相違があります(下の表)。
a0335091_12401983.jpg
もしこれらの症状がございましたら受診してみてください。採血での検査は当院で検査できますので。それでは。

先日、富山県の太田農園に芋掘りに行ってきました。予想以上にいっぱい取れました。楽しかった〜。取れたてを大学芋にしたら美味しかったですよ。是非。
a0335091_12435983.jpg
a0335091_12434925.jpg


by kajihifuka | 2016-09-29 13:00 | Comments(0)