かじ皮フ科クリニック院長ブログ

kajihifuka.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 10日

パッチテストパネル

 最近暖かくなってきましたね。今年は花粉が多いのか目の周りが最近とてもかゆくなってきた院長です。
さて今回はパッチテストのお話です。

 パッチテストは皮膚に接触するさまざまな物質(化粧品、外用剤、金属、薬などなど)がかぶれの原因になっているかどうか確認できる検査です。とても良い検査なんですが、化粧品などの場合、成分を溶かしたりする作業が繁雑なため、ついつい躊躇しがちな検査です。
 2年前でしょうか?なかなかすばらしい検査キットが発売されました。

パッチテストパネル
a0335091_07460266.jpga0335091_07460422.jpg


























これは日本アレルギー・接触皮膚炎学会において日本人でかぶれの原因になりやすい物質を25種類選定しております。そのうちの21種類を厳選しております。その他3種類加え24種類検査ができます。

a0335091_07461029.jpg
a0335091_07462331.jpg


検査の手順ですが、背中のパネルを2つ貼ります。48時間(2日間)貼りっぱなしです。同部を濡らせません。残念ながらお風呂に浸かることは出来ません。シャワーで塗らさないように体を洗ってください。


a0335091_07590922.jpg

48時間後(2日後):再診してもらい、テープを取ります。10分後に診察して判定します
72時間後(3日後):再度判定します
1週間後:判定となります。


パッチテスト判定(金属パッチテストの例です)
a0335091_07461645.jpg
No5が陽性です。

ではどのような方にこのパッチテストパネルの検査がお勧めなんでしょうか?個人的な意見にはなりますが、何年間も原因不明の難治な湿疹皮膚炎の方には一度このパッチテストをすると良いと思われます。
 10年前に、有名な先生が、「難治な慢性湿疹の方の5割ぐらいは何らかの接触皮膚炎です。」という衝撃的な講演を思い出します。確かに日常的に使っているものの一部にアレルギーがあり、それに伴う接触皮膚炎の可能性も充分あります。

料金は少し高いのですが(3割負担で6000円程度)、何年も悩んでいる皮膚炎の方は一回検査をしてみてはいかがでしょうか?

クリニックの裏手にある桜並木は現在満開です。
a0335091_08111389.jpg
受診の際、是非見てみてください。とってもきれいですよ。それではまた。


by kajihifuka | 2017-04-10 08:13 | アレルギー関連 | Comments(0)


<< アタマジラミ症の流行      オテズラ錠 >>