かじ皮フ科クリニック院長ブログ

kajihifuka.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 29日

アタマジラミ症の流行

 梅雨到来ですね。少しは雨が降った方が、自宅の家庭菜園も水やりせず少し楽が出来ちゃっております。

 さて6月初めに金曜日、土曜日のお休みをもらい日本皮膚科学会総会に出席してきました。色々な講演が聞くことができ、とても勉強になりました。その中でもとても気になった話題がありました。それはアタマジラミです。
a0335091_07123913.jpg

 アタマジラミは主に頭部に寄生するしらみ症で、小児に多い疾患です。特に耳の後ろに多く寄生します。髪をかき分けて見ますと、髪の毛に卵があるのが分かるでしょうか?
a0335091_07134237.jpg
それをもう少し拡大(ダーモスコピー像)です。
a0335091_07143343.jpg
髪の毛に卵がくっついているのが分かるでしょうか?
アタマジラミの成虫は時々見つかります。これもダーモスコピーで拡大致しますとこのような感じです。
a0335091_07154361.jpg
生きており、ピントが少々ずれました。これで見てみると大きさは約2mm〜3mmであることが分かります。

治療薬は市販化されているスミスリンシャンプーで、おおむねシャンプーで治癒します。
a0335091_07182636.jpg
しかし最近スミスリンローション耐性虫が増えてきているという話題です。
国立感染症研究所昆虫医科学部の調査によりますと、ばらつきはありますが耐性虫が存在しているとこが分かります。

東京では10%未満
北陸は福井でのみ調査があり、0%です。
その他ばらつきはあるものの、おおむね10%ぐらいです。

しかし沖縄県はそうではありません。95%以上、耐性虫のようです。
つまりスミスリンシャンプーは使ってもほぼすべて効果がないということです。たぶんこのような状況は数年もすれば日本全国そうなっていく可能性があるのではないかと思われます。

 さて対策はどうしたらよいのでしょうか?これについても少しお話がありました。一番有望と思われる薬剤についてです。以前ブログでお話した大村智先生が発見したエバーメクチンです。イベルメクチンとも言われ、欧米ではアタマジラミ症の治療薬としてローション剤はあります。
a0335091_07244463.jpeg
(サイトより画像お借りしました)

現実的にはこの薬を日本に早々に導入する必要があるのではないか?と思いました。

最後に、最近買った、良品を一つ。

a0335091_07270987.jpg
やきまる家焼肉をしても煙がだいぶ少なくて済みます。正直あまり期待せずに買いましたが、かなりの良品です。

そしてもう一つ
Foto II Pro
a0335091_07284222.jpg
今回の学会でつい欲しくて買ってしまったダーモスコピー用のレンズです。
ほくろや今回撮ったアタマジラミなどきれいに撮影することができます。買って良かったです。それではまた。



by kajihifuka | 2017-06-29 07:31 | その他の皮膚病 | Comments(0)


<< 帯状疱疹の新しい薬:アメナリーフ錠      パッチテストパネル >>